はじめての家づくりで気を付けたいこと

【先輩オーナーの生の声を聞く】
はじめての家づくり、何もかもが初めてで、でも初めて且つ最後で、不安になることも多いと思います。注文住宅だと特にイメージがわかなかったり、土地探しからの方は土地選びにも慎重になると思います。そんな不安を解消するためには、「先輩」に話を聞くのが一番だと思います。うまくいったコツ、失敗したこと、リアルな生の声を聞いて参考にしてみてはいかがでしょうか。たとえば、こんな質問を投げかけてみて下さい。きっとあなたのマイホームづくりに役立つ情報が返ってくると思いますよ。
質問①
実際に住みはじめていて、暮らして、どうですか?
質問②
いまの家のよいところ、どんなところですか?
質問③
住宅会社を決めるまでのエピソード教えてください

【家は子ども達の「ふるさと」になる】
これから家を建てるみなさまは、なんのために家を建てますか?もちろん自分たちがこんなことをしたいといった夢がふくらむと思います。一方子どもの視点に目を移してみると、家は、子どもたちにとって「故郷」だと思います。家づくりをされたオーナーのみなさまに久しぶりに会うと、子どもたちがかなり大きくなって成長をうかがうことができました。お話ができるようになった子どもたち。恥ずかしいと感じるようになった子どもたち。お箸を使えるようになった子どもたち。こうして「家」で育っていくことがわかります。

【職人技】
匠の会の業者さん、職人さんはユニークな方が多い。しっくいの仕上げ塗り2日目の様子です。階の天井壁はほとんど完成していました。壁をぬると家の雰囲気が一気に変わります。ついつい興奮しながらグルグルと家を回っていました。ラフしあげではありますが、塗り跡があまり目立ちません。「綺麗ですね!」1階リビングの天井を、首がいてー!!っと言いながら集中して天井を仕上げているのは左官屋さん。いつもおもしろく、匠の会のムードメーカー的存在!と勝手に思っています。また、仕事への情熱が時々垣間見えたりします。お施主様のためを想って仕事をする姿勢は本当にすごいと思います。

【国産の家】
我々の家は国産材100%の家。普段のお買い物もできるだけ「国産」のものを買うようにしております。以前に、四国の山を登山しに言った際に購入した「今治タオル」(いまばりたおる)は私の愛用品。愛媛県の名産品です。ところが、「今治タオル」を中国で商標登録しようとしたら、すでに中国の企業が「今治タオル」を商標登録している。という記事を見つけました。どうなんでしょう?腑に落ちません。溜め息が出ます。

PR:岐阜で家づくりならまずは不動産SHOPで土地さがしクレジットカードの即日発行じゃけんショッピングカート英語上達の秘訣サプリメント健康マニアによる無病ライフ住宅リフォーム総合情報心の童話内職 アルバイトオーディオ初値予想