薪ストーブのある暮らし

薪ストーブの前で「そうだ、焼きリンゴしよう」・・・ということで
≪用意するもの≫
・薪ストーブ
・リンゴ        (130円位)
・アルミホイル    (ご家庭にあるもの)
・砂糖         (ご家庭にあるもの)
・シナモンパウダー (150円位)
①薪ストーブに火をくべる。
②リンゴをアルミホイルで包みます。
③火が落ち着いてきたら、リンゴを入れます。
  焼けたリンゴの果汁が流れてストーブを汚してしまうので、
  リンゴの下にアルミホイルを皿の形で敷いたほうがいいです。(グラタン皿でも良いかな)
④30分から40分くらいで焼けると思います。
 指でつまんでみるとフニャフニャと柔らかくなったことがわかります。
焼きあがりました。
⑤包丁で切り分けて、砂糖・シナモンを振りかけて出来上がり。
 リンゴの芯は、初めからくり抜いておくと食べるとき楽です。
薪ストーブユーザーさん、ぜひやってみて下さい。焼き芋と同じくらい簡単です。
やっぱり吊るしのネットに入れて軒下にぶらりと。塩水に漬けこんで16日から風の通り道の軒下に。ネコやカラスに見つからない且つ絶対取られないところに吊るしたため、まだ人間にも取られていません。ただ正月前に1回味見をしてみましたが・・・まあまあというか、もう少しか~という味でした。そして干しにかかって1カ月・重さが約6割程度に乾燥したところで出来上がりらしいので、もう少し楽しみに待ってみたいと思っています。
岐阜で注文住宅を建ててヒュッゲな暮らしを実現しませんか?